FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

澁澤龍彦「幻想美術館」

前回に引き続き、城景都関連の澁澤龍彦先生の書籍をご紹介いたします。

今回、ご紹介するのは「澁澤龍彦 幻想美術館」です。

100219_1434~01


この本は2007年に埼玉・札幌・横須賀で行われた「幻想美術館」展に伴い、

同年に監修・文 巖谷國士、平凡社より刊行されました。

こちらでは「幻想美術館 7つの展示室」とし、7章にわたって年代別かつジャンル別に構成されています。

城景都に関してはその「第Ⅴ室」として第5章の「青木画廊とその後」(P120)に掲載されています。

100219_1438~01

その中で横尾龍彦氏、金子國義氏、高松潤一郎氏、川井昭一氏、四谷シモン氏、秋吉巒氏、

山本六三氏、加山又造氏とともに作品が紹介されています。

100219_1439~01

100219_1439~02

1978年に製作された「白夜の哲学」(鉛筆画)です。

こちらの作品は「城景都オフィシャルウェブサイト」「Gallery」に一部分を掲載してます(携帯電話ではご覧いただけません)。

よかったら、探してみてください

また、この本の終盤には「名鑑 澁澤龍彦をめぐる260人」として、

澁澤先生のゆかりの人物の索引が収録されています。

100219_1440~01

城景都のプロフィールの下に詩人の白石かずこ氏が掲載されています。

白石氏には1987年にパルコ出版より刊行された画集「城景都 サッフォーたちの饗宴」で、

詩を担当していただいております。

「澁澤龍彦 幻想美術館」は現在も発売中であります。

次回も澁澤先生の著作本をご紹介する予定です。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

テーマ : 画集・雑誌記事等
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

更新楽しみにしています。

Re: タイトルなし

ご訪問ありがとうございます。
今後とも宜しくお願いいたします。

ご質問の川井昭一様についてですが、「寂しさや労り、
悲しさが類無く暴力的に進入したり、
優しく進入したりする宇宙的イメージが良いと思う」
とのことです。
プロフィール

JKofficial

Author:JKofficial
城景都オフィシャルウェブサイトのスタッフです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。